ぼちぼちいこか

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスカブ復活!

Category: カスタム&メンテナンス記録  
遠い昔、
遥か彼方の銀河系で...


最近めっきりブログに登場することがなかった
ミレニアム・ファルコン号 (クロスカブ)
たまに通勤で乗っていました。


2015122917530500.jpg

通勤風景


ところがある日、
悲しいことに乗れなくなってしまいました。



にほんブログ村


【過酷!パンク修理】

IMG_6201.jpg

Oh…

パンクしちゃいました。

これは修理しなければ…
カブ乗りたる者、パンク修理くらいできなくては!

やっと時間ができたので自分で修理することにしました。

IMG_6203.jpg

ずいぶん昔に買ったパンク修理キットを持っていたのを思い出しました。

IMG_6216.jpg

キットの中から雑誌の切り抜きが出てきました。
たしか「BACK OFF」だったっけ。

IMG_6204.jpg

XR250のレバーも出てきた。懐い!

IMG_6213.jpg

後輪を外します。
ここまでは順調。

IMG_6217.jpg

ビード落としに悪戦苦闘。

IMG_6218.jpg

やっとこさチューブを取り外しました。
穴が二つもあいててパッチ修理は断念。チューブを取り換えました。

IMG_6254.jpg

空気を入れて元に戻します。
チューブとタイヤを戻す作業が大変過ぎ。
タイヤってこんなにカチコチだったっけ?

なんとか直せたが、もう二度とやりたくないw

次にパンクすることがあれば迷わずバイク屋さんへGO!


【メンドイ!メーターケース取り換え】

未舗装林道で転倒したことがあり、胸を強打しました

数か月後、健康診断のレントゲンで「胸に白い影が写っている」と指摘され、
かなりビビりながらCT検査を受けましたが、どうやら骨折してたようですw
肺ガンでなくて良かった(A´∀`)アセアセ

もう痛くないので心配ありません。
身体は治りましたがカブが直っていませんでした。

IMG_6256.jpg

傷ついたメーター。

黒いペンキを塗ってごまかしてましたが、ずっと気になっていたメーターケース。

当初はパテ補修を検討していましたが、手間を考えれば交換が良いとの結論に至りました。

IMG_6249.jpg

純正部品(新品)をお取り寄せしました!

IMG_6257.jpg

ムム、自分でできるだろうか!?
かなりややこしそう。

IMG_6266.jpg

バラすのは簡単なんですがね。

IMG_6263.jpg

これを戻していくのが大変なのですよ…

IMG_6264.jpg

配線を間違えると右ウインカーなのに左が点滅しかねないw

IMG_6272.jpg

直ったよ!

IMG_6273.jpg

貧乏性なので傷ついたパーツも一応保管しとくw


【寒い!テスト走行】

DSCN0015.jpg

いつものテストコースを「柿の茶屋」まで走ってきました。

DSCN0023.jpg

DSCN0024.jpg

復活しますた。


To be continued



にほんブログ村


スポンサーサイト

串本撮影ツー

Category: ツーリング  
ビバ セニョリータ エルニーニョ!

この冬はエルニーニョの影響で暖冬らしい。
だからこの時期でもツーリングへ行っちゃうYO!
本州最南端の串本なら余裕のよっちゃんだぜ!


にほんブログ村

12月19日(土)

嵐のメンバーから「年賀状くれ」と言われた。

そこで気付いたのだが、年賀状用の写真がない。
毎年、バイクのある風景の写真を年賀状にしているのだが、今年はロクな画像がない。
そこで急遽写真を撮りに行くことにした。

02:45 自宅を出発。

阪和道に乗って南へ向かう。
高速が伸びたのでありがたい。

IMG_6156.jpg

エビとカニの水族館で有名な道の駅すさみで休憩。

IMG_6158.jpg

あったか~いコーヒーで一服。
暖冬とは言え17アイスは無理。

真っ暗なR42をさらに南へ向かい、目的地に到着。

P1030383.jpg

橋杭岩の日の出を激写しようというわけですよ。

P1030394.jpg

夜明け時の刻々と色が変化する橋杭岩と俺のバイク。

P1030403.jpg

ちょっと自撮りも入れてみる。

P1030440.jpg

けっこう良い感じの写真が撮れた。
(年賀状用の写真はまだ発表しません。)

ちなみに日の出は思ってたのと違う方向から昇ってきたのは内緒だ。

P1030422.jpg

目的も達成したし帰るか。

せっかくここまで来たのであそこに寄って帰ろう。

IMG_6162.jpg

串本ループ

IMG_6165.jpg

潮岬タワー

残念だが早朝すぎて営業していない。

R42に戻って海を左に見ながら帰ることにする。

IMG_6175.jpg

イノブータンランドで休憩。

IMG_6169.jpg

貴賓室でイノブータン国王に謁見を許される。

IMG_6172.jpg

お会いできて光栄です閣下。

走行を再開し、紀勢道へ。

IMG_6183.jpg

新しい道の駅ができていたので寄ってみる。

ここで朝食。

IMG_6184.jpg

おなかがすいたらスニッカーズ♪
ナッツぎっしり確かな満足。(デブのもとなので食べ過ぎ注意)

IMG_6186.jpg

紀ノ川SAで最後の休憩(トイレ)

阪和道をICで降りるとき、ETCレーンが閉鎖されていた。
出口付近で停まっていると追突されそうだったので隣の施設へ避難。

IMG_6190.jpg

パトカーを従えてみた。
気分は舘ひろし


家に帰ったのがちょうど12:00だった。
年賀状の写真が撮れて満足。



にほんブログ村

Nikonのカメラを手に入れた!

Category: ガジェト  
【憧れだったNikon】

僕は下手の横好きでカメラが好き。
写真を撮るのはもちろん、道具としてのカメラが好きです。

今やスマートフォンのカメラ機能の高性能化は著しく、
誰でも気軽に綺麗な写真を写すことが可能な時代になった。
しかし、僕は「カメラ」という道具を使って写すという行為にこだわりたい──。

そんな僕がずっと憧れていたカメラがあります。
それは多くのプロカメラマンが絶大な信頼を寄せるNikonのカメラです。


戦場で生まれた数々の神話

いわゆる「ニコン神話」というものがある。「ニコンほど頑丈なカメラはない」。
数々の伝説的なエピソードによって、ニコンのカメラはそのタフネスぶりが語り継がれてきた。
例えば次のようなエピソードである。

・朝鮮戦争当時、報道カメラマンたちがニコンのカメラを戦場に持参。極寒の中でライカやコンタックスといったドイツ製カメラはシャッターが切れなくなったが、ニコンのカメラだけは動き続けた。

・ベトナム戦争の戦場に行った報道カメラマンが被弾。胸に下げていたチタンボディーのニコンFが銃弾を受け止めたおかげで、カメラマンは一命を取り留めた。

・飛行機が墜落した現場から、遺品としてニコンのカメラが出てきた。炎に包まれた様子だったが、中のフィルムは無事だった。現像するときちんと写真が写っていた。

(出典:日経ビジネスONLINE「神話の世界から降りてきたニコン」)

尊敬するカメラマンのロバート・キャパが第一次インドシナ戦争で地雷の爆発で亡くなった最期の瞬間に持っていたカメラもニコンでした。


いつかはニコン、そう考えるようになりました。



にほんブログ村


【ついにNikonを手に入れた!】

そんな憧れのニコンをついに手に入れました。


IMG_6139.jpg

ちっさw

Nikon COOLPIX S02

Nikon史上、最小・最軽量モデルです。
ニコンが全力で小さいほうにベクトルを振った潔いカメラなのだ。

product_02.png

こんなカメラを想像したんじゃない?

一般的にセンサーサイズの大きなカメラの方が高画質で描写力に優れます。
フルサイズ一眼レフには本当に憧れますが、たぶん使いこなせない。
そもそも高くて買えないしw
それに僕は小さなカメラが好みなんですよね~

20150408195930858.jpg

現在運用中の3台のカメラたち
Canon IXY3、Panasonic LUMIX GM-1K、FZ-1000
航空祭用のFZ-1000は別として、あとの2台は小ささに惹かれて購入したと言って過言ではない。

NikonS02が2年前に発売されたとき欲しかったんですが、高くて買えませんでした。
しかし、先日偶然立ち寄った家電量販店の片隅に激安価格で残っていたのを発見したのですよ!
またカメラが増えちゃった(笑)

次に買うカメラは防水仕様のコンデジと決めていたのに...
IXYと被る、また小さなカメラを買ってしまった。


【撮ってみた】

002.jpg

写る、写るぞ! あたりまえかw

IMG_6141.jpg

ちゃんとモニターもついてるよ。

かわいい~



にほんブログ村

コミネの冬ジャケJK-574買うた

Category: お買物  
12月になって寒くなりましたね。本格的な冬到来です。
僕は冬でも凍結や降雪がなければバイクに乗ります。
今まで冬のツーリングではスリーシーズンジャケットを着てました。
僕のジャケットはショート丈なのでいかんせん腰回りが冷えます。
真冬はインナーを工夫したりカイロを使ったりしていました。
腹巻も使ってみましたが効果が薄かったです。万策尽きました。
そして昨シーズン寒さの我慢の限界が来ました。

寒い。腰冷やしたらあかんねん。

結論 → 冬ジャケ買おう


にほんブログ村

という訳でバイクのウインタージャケットを検討することにしました。
重視するポイントは、まず防寒性、防御力、値段、そしてサイズです。
いろんなメーカーのジャケットが候補に挙がりました。

ここで問題となってくるのがサイズです。
実は僕、けっこう巨漢なんですよ。
特に首回りが太い。(嫁に言わせば太いのを通りこして首がないらしい)
デブって言うなよ。デブは自覚してて自分で言うのはいいが、
人からデブって言われると傷つくかんな!(デブは意外に繊細)

例えば、HYODのランソンやクレイモアがかっこいいなと思ったけど、
HYODOはデブに厳しいメーカー。僕が着れるサイズがありません。
ラフ&ロードのウォーターシールドハードウインタージャケットもサイズがXLまで…
メッシュジェケがぴっちりサイズだったことから厳しそう。
タイチのモトレックウインタージャケットは良さげだが、パーカータイプはコミネのを持ってるしなぁ。
→ 今コミネが熱い

そうすると、5XLBまであるデブにやさしいコミネが候補に挙がります。
プロテクター標準装備で安全・安心。防御力も申し分ない。

JK574_top1.jpg
アイボリー

タイトなジャケットで1サイズ大きめがおすすめとのことで4XLにしました。
バイクが黒、パンツも黒で黒ずくめになるのが嫌で本当はアイボリーが欲しかったが、
大きなサイズ(4XL、5XLB)には、なぜかアイボリーの設定がなく黒色しかなかった。
もしかしたら「デブは膨張色やめとけ」というコミネの優しさよなのかもしれない。

よし、コミネに決定だ。ポチッ!

(数日後)
ピンポーン!
福音が来た。

P1030306.jpg

あれ、ダンボールじゃないのね?

P1030322.jpg

KOMINE JK-574 フルイヤーツーリングジャケット-ラーマⅡ

メーカーはオールシーズンジャケットを謳っており、年間を通して快適性とあるが、
たぶん冬ジャケ。インナーを外しても夏は無理ゲー。

P1030378.jpg

自在に付け替えられる2種類の着脱可能ライナーを持つ3レイヤー構造。
アジャスターも随所にあり、メッシュ地もある凝った作り。

第一印象は、重い!ゴツイ!

でも重さは防寒性とプロテクター装備の防御力とのトレードだからしょうがない。
生地も頑丈そうだし。

着てみた

JK-574KominemanBlack.jpg

強くなった気がする。何かが目覚めた。フォースを感じる!

走ってみた

早速、先週のツーリングに着ていきました。(最低気温5℃)
ライディング時の姿勢が自然で走っているときは重さは気になりませんでした。
風によバタつきもなく、プロテクターに包まれている安心感のある着心地です。
防寒性も良いです。特に背中側が良い。
丈は思った程ロング丈ではないが、ウインドスカートが利いているのか腰に冷気を感じません。
その反面、風があたる前面は胸元に少し寒さを感じましたが、
インナーやネックウォーマーを工夫すれば大丈夫そうです。

ポチッ → (翌日)ピンポーン!

ということで追加でコレも買いました。

P1030360.jpg

P1030361.jpg

KOMINE AK-016 フリースネックウォーマー

これで完璧!のはず

しかし全身黒ずくめになっちゃったな・・・


P1030363_2.jpg

超装着 コミネマンブラック誕生!

※犯罪者ではありません。正義の味方です。

(ダークサイドに堕ちていません)

これで寒い日も安心だぜ!


にほんブログ村


12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

teruteru

Author:teruteru
スズキBandit1250Fと
ホンダCROSSCUBに乗る
teruteruです。
バイク、ツーリングや旅行の記録、グルメ等、気の向くままにぼちぼちと更新していきます。

当ブログはリンクフリーですが、
公序良俗に反するサイトのリンクはご遠慮願います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログランキング参加中
フリーエリア
日本ブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。