FC2ブログ

ぼちぼちいこか

新しいカブ遊びの提案

Category: カスタム&メンテナンス記録  
前回、謎の物体を組み立てて、
謎の金具をカブに取り付けたところで終わりましたが、
今回、その謎の正体が明らかになります。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

P1010759.jpg

謎の物体を謎の金具で取付け!

P1010765.jpg

その正体はッ!?

ドオオーン
P1010798.jpg

DOPPELGANGER®(ドッペルギャンガー)
サイクルトレーラー DCR203
オレンジ色の憎いヤツ

端的に言うとリアカーです。

dcr203-dp.jpg

大容量のアルミフレーム自転車用トレーラーです。
最大積載重量36kg/容量約80Lの大きな荷台で、
使用しない時は折りたたむことでそのサイズを小さくまとめることも可能です。
(タイヤはクイックリリース式にて脱着が可能)

でも、お高いんじゃないの~?
→ 意外とお安い13,476円で購入!

P1010792.jpg

ズキュウウウン

P1010793.jpg

ここでひとつの疑問が浮かびます。

コレで公道を走っても法的に大丈夫なんだろうか?

自転車ブランのドッペルギャンガーが、
サイクルトレーラーとして売っているものであり、
あくまで自転車用のアクセサリーとの位置付けです。
バイクで牽引することは想定外の使用方法であると推察されます。

実際、リアカーを引いて国道を走っていると、
信号待ちで後ろから来たCBRに乗るイカツい兄ちゃん
(牛のような鼻ピアスをした世紀末風)に横に並ばれ、

兄ちゃん
「それって、法的にアリっすか!?」
僕が   
「兄ちゃんのCBRじゃムリだが、
俺の駆るカブならアリなんだぜッ!!」 
そう答えると、

ホホホーッ

兄ちゃん
「イカスぜ!ヒャッハー!!」
と走り去っていきました。

そうなんです。
コレってアリなんですよ!

答えは、
125cc以下のバイクで時速25km以下なら、
ナンバーも不要で牽引可能なんです!!

(なぜそんな事が可能なのかは、次回詳しく書きますね。)

では、このリアカーをどのように活用するべきか?

【タンデムキャンプツーリング】
ます思いついたのが、カブの荷台にタンデムシートを取付けたら(ステップも必要)、
タンデムでキャンプツーリングも余裕じゃね?
早速、嫁さんに提案してみよう!

「カブでリアカー引いてタンデムのキャンプツーリングに行こうぜ!」
嫁さんが一言
絶対嫌!

「・・・」撃沈

【超長距離ツーリング】
その次に思いついたのが長距離ツーリング。
この積載量なら無帰還日本一周もイケるんじゃね?(時間があれば)
時速25km以下というゆっくりとしたスピードで旅するのも素敵じゃないでしょうか。

straight-story.jpg

The Straight Story

straight-story2.jpg

思い出したのが、David Lynch 監督の映画『The Straight Story』です。
アイオワ州ローレンスに住む老人が、時速8kmの芝刈り機に乗って
ウィスコンシン州に住む病気で倒れた兄に会いに行くまでの物語で、
1994年に「ニューヨーク・タイムズ」に掲載された実話を基にしたロードムービーです。

いつかこんな旅をしてみたいな。

今はまだとてもそんな時間はなく、
持っていて役立つものではないけれど、

「僕はいつでも旅出せるぞ!」
っていうのがいいじゃありませんか。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




12 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

teruteru

Author:teruteru
スズキBandit1250Fと
ホンダCROSSCUBに乗る
teruteruです。
バイク、ツーリングや旅行の記録、グルメ等、気の向くままにぼちぼちと更新していきます。

当ブログはリンクフリーですが、
公序良俗に反するサイトのリンクはご遠慮願います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログランキング参加中
フリーエリア
日本ブログ村