ぼちぼちいこか

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬ

Category: エンタメ(映画・テレビ・音楽等)  
風立ちぬ
堀越二郎と堀 辰雄に敬意を込めて。−生きねば。−

header.jpg

宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」を観ました。
この作品については賛否両論があると思いますが、僕は近年のジブリ作品の中では一番好きです。
零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者として有名な堀越二郎の青春を、堀辰雄の小説「風立ちぬ」に絡めて描いた物語です。
はっきり言って大人向けのアニメです。冒険やファンタジーを期待してはいけません。子供が観ると退屈するかも。
宮崎駿監督は本当に飛行機が大好きなんですね。僕のような飛行機好きにはかなりツボでした。
主人公の堀越二郎の「美しい飛行機を創りたい」という純粋さは宮崎駿の分身ですね。
飛行機は素晴らしい乗物であると同時に戦争の道具(武器)であるという矛盾がありますよね。
飛行機の理想像は主人公の夢の中で表現されており、一方、戦争の悲惨さというものは敢えて深く表現されていません。
ヒロインの菜穂子の美しい姿しか見せない強さは、監督の理想の女性像なのでしょうか。
戦前の日本についても美しく描写されています。そういう意味ではあくまでも美しい映画でありファンタジーです。


飛行機好きから映画で登場する飛行機を一部紹介します。ゼロ戦は有名なので省略します。

2008471463209.jpg
九試単座戦闘機試作一号機(日本)
逆ガル翼が特徴的な日本海軍初の全金属単葉戦闘機。堀越二郎設計の「美しい飛行機」。

CaproniCa60Noviplano.jpg
カプロニ Ca.60(イタリア)
主人公が尊敬するカプローニの巨大飛行艇(試作機)。9枚の主翼と8基のエンジンを持ち、100人の乗客を大西洋を横断する計画であった。
テスト飛行であえなく墜落した。

92siki.jpg
ユンカース G.38(ドイツ)
大型の旅客機/輸送機。三菱九二式超重爆撃機としてライセンス生産された。主人公がドイツ視察で搭乗。


おまけ

スタジオジブリのジブリという名はアフリカ北部で吹くサハラ砂漠からの熱く乾いた風という意味で、
カプロニ社のCa.309ギブリ(Ghibli)に由来しているそうです。

Caproni20Ca30920Ghibli.jpg
カプロニCa.309(イタリア)
植民地向けに開発された双発偵察機/軽爆撃機。
スポンサーサイト

バイクナビ買うたった

Category: お買物  
IMG_0794.jpg

ついにバイク用のナビを買ってしまいました。
ユピテル製のMCN45siです。
バイク専用で防水性能があり、レーダー探知機がついている優れモノです。
今まで「バイクにナビなんからないぜ!」って強がっていたのですが、実は方向音痴だったりするので、正直欲しいとずっと思っていたんです。先日スピード違反で捕まったこともあり、高かったのですが買う決意をしました。
とりあえず取り付けてもらったんですが、この日は近所しかウロチョロできなかったので、また気が向いたらレビューします。

チン電で歓送迎会

Category: 未分類  
7/12(金)はチン電を貸切っての会社の送迎会でした。
チン電(チンチン電車)とは、阪堺電車のことで、天王寺~堺間を繋ぐ大阪で唯一の路面電車です。
いつもは歓送迎会と言えば居酒屋でするのですが、今回は僕が幹事をすることになり、趣向を凝らしたイベントにしたいと思い貸切電車を利用することにしました。

IMG_0765.jpg
我孫子道車庫での出発前の風景

IMG_0768.jpg
運転席
一度でいいから運転してみたい

IMG_0772.jpg
出発前の準備
奥にはお寿司のカウンターがあります。
飲食関係はケータリング会社にお願いしました。感じの良いスタッフの方ばかりで、食事も美味しく、おかげで歓送迎会が盛り上がりました。ありがとうございました。

IMG_0775.jpg
天王寺駅前へ向かっています。

天王寺駅前を18:31に出発し、浜寺駅前で折り返し、天王寺に20:46に到着するコースでした。
途中、浜寺駅前と我孫子道車庫でトイレ休憩がありました。
貸切電車でのパーティーは非日常感が味わえて楽しかったです。
電車が揺れる分、いつもより酔いがまわり完全に酔っ払いました。
幹事が一番楽しんじゃいました。

弾丸フェリーで行く阿蘇ツーリング

Category: ツーリング  
6月28日(金)~6月30日(日)にかけて弾丸フェリーで阿蘇にツーリングに行ってきました。
弾丸フェリーとはフェリーさんふらわあの現地0泊船中2泊の往復利用プランです。
今回は大阪⇔別府の航路を利用しました。運賃は安いプラン(雑魚寝)はバイク1台1人で12,500円です。
僕はツーリストベッドの15,500円にしました。
なお、バイクは排気量に関わらず同一の値段なので大型バイクはお得です。
今回のツーリングでは、大和さんのブログを参考に(というかパクリ)しました。
大和さんありがとうございます。

6月27日(木)
昼休みに天気予報をチェックすると、大分と熊本の天気予報が前日まで雨で60%の降水確率だったのが、
曇後晴で20%になっていました。これは行くしかないと、フェリーを予約しました。
今まで行きたくてなかなか行けなかったのが、今回やっと実現します。

6月28日(金)
夕方自宅を出発。臨海線で南港へ向かいました。
途中雨が降ってきました。カッパを着ようかなと思いましたが、
でも『カッパを着ると雨が止む法則』にやられそうです。
ここで着たら負けたような気がすると思い、着ないことにしました。
幸い小雨で済んで距離も短かかったので、あまり濡れませんでした。

IMG_0620.jpg
フェリーさんふらわあ乗船前
19:55出港です。

IMG_0624.jpg
ツーリストベッド
大部屋の二段ベッドです。カーテンがついているのでプライバシーが守れます。
枕元の蛍光灯にコンセントも装備されていました。スマホの充電器を持ってくれば良かった。

IMG_0628.jpg
フェリーでの食事
メニューはバイキングのみで1,500円です。思ったより内容は良かったです。

IMG_0627.jpg
ビールマシーン
生ビールを自動で注いでくれる自動販売機です。1杯250円でした。
この機械がなかなか良くできていて、グラスを自動で傾けてビールを注ぎ、
最後に丁度良い泡も出るようになっています。
この機械欲しい!


6月29日(土)

7:45に別府港に到着。なんと雨が降っていました。ガッカリ。
止みそうにないので今回は素直にカッパを着ることにしました。
結局この日は気温も低くメッシュジャケットでは寒かったのでずっとカッパを着ることになりました。

R11(やまなみハイウェイ)で阿蘇を目指します。
実はBandit1250Fで雨の中を本格的に走るのは初めてなのです。
いつもより慎重にゆっくりとしたペースで走ります。

IMG_0641.jpg
長者原
山道を走っていると、突然開けた風景が目に飛び込んできました。長者原です。

さらにR11を走り、右折してr45(ミルクロード)を進みます。

IMG_0648.jpg
大観峰
天気が良ければ、阿蘇の山並みがダイナミックに見えるハズ・・・

IMG_0651.jpg
ラピュタの道?
r339から山を下る道です。景色は良いですが、舗装が荒れていました。
途中、前を1頭の子牛を積んだトラックが走っていました。リアルドナドナです。
子牛の目がどことなく悲しげに見えます。
ついヘルメットの中で「ドナドナドナドーナ」と歌ってしまいました。

IMG_0660.jpg
いまきん食堂
内牧にある老舗の食堂です。
11:30頃に着いたのですが、人気店で既にたくさんの人が並んでいました。
お店の人に1人だと告げると、ちょうどカウンターに1席空いているとのことで、
ラッキーなことにすぐに席に着くことができました。ビバ!お一人様。

IMG_0655.jpg
赤うし丼
看板メニューの赤うし丼を注文しました。
ミディアムレアな分厚い赤身肉がたくさん載っています。文句無しに美味しいです。

お腹もいっぱいになり、阿蘇山へ向かって走りました。

IMG_0665.jpg
草千里
烏帽子岳に広がる草原で、火口が池になっています。晴れていたらもっときれいだろうな。

山頂へは阿蘇パノラマラインという有料道路を通るのですが、自動車は600円もするのに、
バイクは100円です。これは得した気分です。ナイス価格設定!

IMG_0673.jpg
阿蘇火口
晴れていれば白い噴煙が見えるはずですが、この日は濃い霧で、あたりは真っ白。
なにも見えませんでした。ガッカリ。
でも、「有毒ガスが出てるので注意してください」的なビビらせる放送があったり、
噴火した時に逃げ込むトーチカがあったりして、活火山なんだなという雰囲気は伝わりました。

目的地の阿蘇火口行ったので、後は帰ります。

IMG_0682.jpg
道の駅阿蘇
阿部牧場のミルクソフト350円を食べました。
このソフト、牛乳のソフトって感じであっさりとして美味しかったです。

IMG_0684.jpg
九重夢大吊橋
帰り道に九重夢大吊橋に寄りました。日本一の人道大吊橋です。渡るには入場料500円が必要だとは知りませんでした。
誰かと一緒だったら「ワーキャー」言って渡るのですが、一人だったので外から見るだけにしました。

IMG_0691.jpg
別府温泉保養ランド
せっかく別府まで来たのだから温泉に入りたいと思い、
大和さんのブログに紹介されていたR500沿いにある別府温泉保養ランドに行きました。
外観はボロッちいです。でも泉質は最高!

まず受付で1,050円を払います。そして浴場へ向かうのですが(これがけっこう距離がある)、
さらに浴場の前でも受付があり、受付に座っているおじいさんから入浴券が必要と言われました。
さっき払ったときにもらったのは、領収書ではなく入浴券でした。
財布と一緒にコインロッカーに入れてしまっていたので、謝って入れてもらいました。

お風呂は何か所かあり、そのうちの露店風呂はなんと混浴でした!
混浴露天風呂なんて古谷一行のドラマでしか見たことがなかったので驚きです。
ドラマのように若い女性のグループが入っていました。
見ちゃ悪いと思い、僕は目をそらしていましたが、ガッツリガン見しているオッサンがいて、またビックリ。
ハッキリ言って大迷惑。こんなオッサンのせいで貴重な混浴が女性が来なくなったらどうするねん。

温泉に入った後、フェリーに乗るまで時間があったのでR500沿いのラーメン屋さんに入りました。


IMG_0696.jpg
キクノヤ★ロックの白ラーメンCセット
ガッツリメニューのCセット(チャーシュー丼と餃子付)にしました。
こってり目の豚骨ラーメンでした。これ、若い男子なら絶対好きだと思います。

IMG_0701.jpg
帰りのフェリー
19:35出港。さようなら九州別府港。今度は晴れた日に絶対リベンジするぞ!









07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

teruteru

Author:teruteru
スズキBandit1250Fと
ホンダCROSSCUBに乗る
teruteruです。
バイク、ツーリングや旅行の記録、グルメ等、気の向くままにぼちぼちと更新していきます。

当ブログはリンクフリーですが、
公序良俗に反するサイトのリンクはご遠慮願います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログランキング参加中
フリーエリア
日本ブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。